FC2ブログ
桜雪舞幻想世界(偽)
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
2015-05/05-KanColle-2015年5月春イベント「発令!第十一号作戦」攻略~振り返り(前半)
2015-05-05 Tue 04:08
 お久しぶりです、藤原です。
 冒頭の挨拶で「藤原です」と名乗っているのですが、「誰それ?」と思う方がいらっしゃる気がするので何となく説明しておきます。


 まず僕はハンドルネームを二つ使っています。
 一つは「tarekiti(読みは"たれきち")」で、これはもう十年近く使っているネットゲーム用の名前及びIDです。
 もう一つが「藤原」です。こちらは遊戯王をプレイしていた際のハンドルネームと、小説などを書くときの名義です。

 なぜ二つハンドルネームを作ったかと言うと、遊戯王をプレイしていた際にネットで知り合った人とリアルでも会う機会が出てきたためです。
 いわゆるオフ会というやつですが、当時は中途半端にネットマナーが存在していてリアルで会うとしても僕は本名を教えるつもりがありませんでした。そうなるとお互いにハンドルネームで呼び合うことになるので、リアルで呼ばれても恥ずかしくない名前を別に用意しようとした次第です。それが「藤原」なわけです。

 そしてその後に小説を書くのを始めたとき、この名前がそこそこ気に入ってしまったのと、新しく名前を考えるのが面倒だったため流用して、小説の名義でも「藤原(正確には"藤原祐一")」を使って今に至ります。


 さて、いきなり脱線してしまいましたが今回の記事では艦これ5月イベントについて書いていこうと思います。
 GWを利用して全ての作戦を甲難易度でクリアできました。
 あまり細かく書く気力がないので攻略成分2割、感想8割くらいでお送りしていきます。

20150505020824.png




◇攻略に臨むに当たって
 攻略を始める前に考えていたことなどです。

・艦これよりもPSO2?
 春イベント開始直後は艦これに対してモチベーションがあまりありませんでした。前回2月のイベントではやる気を出し、また最終海域を丙難易度で挑まざるを得なかった反省からそのイベント直後は積極的に育成や資材を集めをしていたのですが、段々と尻すぼみになってしまい、3月後半~4月は遠征を出すのみくらいになってしまっていました。

 また他ゲームのPSO2にハマっていてプレイ時間が割けなかったこともあり、若干いやいやながら攻略を始めました。

pso20150419_001048_000.jpg
PSO2最高難易度アルティメットをプレイ中の画面。バウンサーという職業を使って空中戦で戦っています。



・艦娘の育成はそこそこに
 2月イベント後に書いた記事で掲げた次イベントまでに用意しておきたい艦娘・装備についてはほぼ用意することができました。

 クリアの成否に関わる夜戦装備を一式、連合艦隊では大いに役立つ艦隊司令部施設、ここ1年で株を上げた重巡・航巡の改二、新システムの対空カットイン装備を用意し、結果イベント海域攻略までに装備での不足はありませんでした。
 一応、目標にした艦娘全ての育成はまだできていませんでしたが、前回イベント海域での反省を活かせられたので良かったです。

20150217210639_20150505034750537.png
対空カットイン装備を手に入れた初期艦の吹雪さん。可愛いですね( ◜◡‾)


20150314063511.png
新たに用意した航巡の利根改二。育成が大変だったため思い入れがあります。今回のイベントでしっかりと活躍してくれました。


・資源だけはガチ提督
 遠征は欠かさず飛ばしていたため、燃料・弾薬・鋼材はそれぞれ12万、ボーキサイトは6万超、修復剤は350個という相当な量の資源を貯めこんでいました。

 前回イベントでは備蓄上限の各2万5千で挑み、途中で資源が尽きてしまっていました。
 そのためできるだけ資源は貯めておくことにし、今回はそのおかげでE1~E6までノンストップで攻略することができました。ここが今回のイベント海域をスムーズに攻略できた最も要素だったのでは、と思っています。

20150502031319.png
イベント海域攻略前の記念撮影。金剛さんもとても可愛いです( ◜◡‾)


・今回も攻略まとめサイトをお供に連れて
 艦これWikiと一緒にこちらの攻略まとめサイトさんの攻略記事を参考にさせていただきました。
あ艦これ日和 - 艦これ攻略情報,プレイ日記
 文字・画像ともに見やすく、これのみを参考に攻略をしました。

 攻略記事を参考に初見からでもルート固定を用いて一直線で攻略していくのは、ゲームをプレイする上でどうかという問題もありますが、
 僕の主に使っているSNSのTwitterのTLでさえ爆速で攻略情報が飛び交っており、攻略情報を見ずにプレイする方が逆に縛りプレイとなるくらいの現状です(やや言い訳がましいですが……)。
 特にルート固定を模索するのは時間と資源の点から1人で行うのは明らかに大変ですから、僕は妥協点としています。




◇E1攻略 ~カレー洋 発動準備、第十一号作戦~
 取り立てて難しいところのない海域ですが、軽巡駆逐の育てづらい艦種が育っていないとクリアが安定しません。

・お気に入りの艦娘をどんどん投入
 軽巡以下で編成を組むことになりますが、軽巡以下は全体的にステータスが抑え気味で艦種によって性能差が付きづらいです。そのため好きな艦娘を入れて攻略していくことができます。

20150502032902.png
普段あまり使うことのない高レベルの軽巡駆逐を組み込みまくり!

 新たにケッコンした矢矧と夕立、艦これを始めて間もなく手に入れてからずっと現役の響・時雨・吹雪、そして道中で潜水艦が出るため五十鈴を入れました。レベルが高いこともあって攻略は非常にスムーズにいきました。


・新システム「能動分岐」
 今回のイベント海域から海域を進んでいく際に「能動分岐」というシステムが実装されました。
 普段、分岐する航路では羅針盤を回して進む方向を決定するのですが、このシステムではなんとクリックで選択できてしまいます。

20150502033210.png
提督たちを散々苦しめてきた羅針盤に打ち勝つマウス先輩の図

 ネットでは賛否両論な意見が出ていますが、僕個人的には良いシステムだと思います。
 以前までのイベント海域では「どれだけ編成を揃えても、2割でハズレルートに行って出撃が無駄になる」といった戦闘に到達する以前の運ゲーが存在し、ゲームの性質上仕方ないとはいえ、時間と資源と期待がただただ無駄になるのに完全に納得のいく人は少なかったと思います。
 今回の能動分岐ではアタリ/ハズレがない代わり、「戦闘は楽だが回数が多い方か、戦闘は大変だが回数が少ない方か」というようなルートの選択ができ、難易度はそのままにより戦略的になってくれたと思います。


・潜水艦の手加減?
 能動分岐で下ルートを選択した場合、道中に一戦潜水艦マスがあります。
 ただしこの潜水艦マスでは、敵艦隊は単横陣梯形陣を取ってくるため、雷撃の命中率と威力がかなり落ち込んでしまっています。手っ取り早く言ってしまうと、無理に撃破しなくても十分やりすごせるため対戦装備は必ずしも必要はなかったみたいです。




◇E2攻略 ~カレー洋リランカ沖 第二次カレー洋作戦~
 イベント海域恒例の連合艦隊で出撃する海域です。難易度はそこまで高くありません。

・雷巡の重要性!
 第二艦隊に雷巡を3隻投入。結果道中・ボス戦でも砲撃戦の始まる前から敵艦隊が壊滅していることがあるほどで、イベント海域とは思えないほどスムーズに攻略ができました。

20150502110602.png
怒涛の雷巡トリオ投入。大体ワンショットワンキルしてくれました。

20150502110446.png
順序はちぐはぐになりましたが第一艦隊です。戦艦の弾着観測射撃が光ります。

 連合艦隊の形式は水上部隊とし、先制雷撃+第一艦隊の戦艦の砲撃戦により速攻で殲滅する戦闘になります。そのおかげで被害も少なく修復での資源消費も抑えられました。
 ちなみに納豆シチューと言うのは僕のお父さんが好んで食べる組み合わせです。僕はあまり好意的ではありません。


・火力過剰な現状
 普通の海域と同じくらいのペースでさくさく進み、ゲージ破壊も昼戦で終わってしまうほどでした。

20150502110053.png
雷巡トリオの雷撃を一斉に浴びる姫

 雷巡は史実ではあまり活躍できませんでした(開発が間に合わなかった&実戦投入の時期には海戦も空母による制空権ゲーになっていた)が、艦これでは無類の強さを発揮してくれます。


後半記事へ続く)
スポンサーサイト
別窓 | 艦これ | コメント:0 | トラックバック:0
<<2015-05/05-KanColle-2015年5月春イベント「発令!第十一号作戦」攻略~振り返り(後半) | サクラユキマウゲンソウセカイ(偽) | 2015-04/13-PSO2-各クラス雑感>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| サクラユキマウゲンソウセカイ(偽) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。