FC2ブログ
桜雪舞幻想世界(偽)
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
14-07/05-Card-VG大会レポ(ユグドラシル)
2014-07-05 Sat 15:51
どうも、藤原です
先週に引き続き横浜ホビステの大会に出てきました。そのレポートになります
そういえばなんですが、「大会」って言っても規模は16人、形式はシングルなので軽いイベントといった感じです

デッキはユグドラシルデッキを持っていきました
選んだ理由は、持っているデッキの中で一番勝てそうだったデッキだったからですね
ユグドラシルという勝ち筋がどのデッキ相手でも一貫している(と思う)ので、対戦経験が浅い僕でもなんとかなると考えて持っていきました
以前使っていた魔女デッキも使いたかったのですが、魔女デッキは手札枚数をひたすら多くして受けるタイプのデッキであるため相手のデッキに対して知識を持っていないとプレイミスが起こりやすいです。なので今回は使用を控えました

デッキの細かい解説は次の記事にまとめるつもりです
それではレポートを続きからどうぞ


日時:7/5(土)12:00~
場所:横浜ホビステ
ルール:クランファイト
形式:シングル・スイスドロー
デッキ:ユグドラシル(双闘神器2種)


1回戦 vsシングセイバー ×
先攻。
G2→G3ライドで事故を起こす。ライド通過からの相手ターン、相手もG3ライドを控える
続くこちらのターンでユグドラシルへライドし相手を4点まで詰めたが、相手も合わせてG3うぃんがるライドからレギオンへ。ここは1ターンのライド通過があったものの、後攻レギオンを許した形
こちらも4点まで詰められて手札のガード値が足りず。続く自ターンで相手4点なのでユグドラシルレギオン、効果からトリガーめくれず。相手がダメージ6点目ヒールをめくって仕留めきれず
相手のアタックでトリガーがめくれないorこちらがヒールトリガーのワンチャンスを祈ったが、相手クリティカルをめくりこちらヒールめくれずの負け

[反省点]
お互いのG3最短ライドだと後攻G3ライド時にドロップ不足でレギオン出来ずがあって、先攻が先にレギオンできて先攻有利なのですが、今回のゲームだとG2で1ターン間が空いたため後攻最短レギオンが決まって先攻のこちらが逆に少し不利になってしまいました
とは言え、相手がシングセイバーを握れず最後までうぃんがるのままだったのでとんとんといったところ
勝負を分けたのはやはり6点目ヒールで悔やまれます


2回戦 vsかげろう(ドーントレス) ○
先攻。
G3へはニュクスへライド。リアにニュクスをもう一枚出しハンドにユグドラシルを抱えてガード値が足りない
、やや突っ張り気味の展開へ
LB相手だったので3点から仕留めに行くプランを考えるも、こちらがQWを二枚握っていたのでLBされても耐えきれると判断し、相手を4点に詰めて次ターンユグドラシルで仕留めるプランへ
続く相手ターンのBR・LBはQWで受け流し、続く自ターンでユグドラシルを決めて勝ち

[反省点]
QWが強いと感じたゲームでした。今回は違いましたが、もしライドがヌーベルバーグだったとしてもQWなら対応できます


3回戦 vsシャドパラ魔女(黒魔女) ○
後攻。
相手がG2ライドでネヴァン(G2パワー3000)にライドする事故。すかさずG1も展開しながら全力で殴って4点まで詰める。こちら1点
しかしここから相手のトリガーが強く、ヒール・ドロー・クリと適所でトリガーをめくりあてて、3点イーブンまで巻き返される
ただし、こちらのガード値に余裕があり相手のG3が噛み合わなかったためこちらが微妙に有利。ユグドラシルを二回決めることにして、二回決めて勝ち

[反省点]
相手がライド事故を起こしたというのもありますが、シャドパラ魔女はこの事故を潜在的に抱えるデッキであるため仕方ないかなと思います。勝ちは勝ち
それ以上に相手のトリガーが強かった。それでもユグドラシル二回通せば勝てる。強い
ちなみにユグドラシル2回のツインドライブはどっちもノートリガーでした。運が悪すぎ。それでも勝てるから強い


4回戦 vsバトルシスター ×
先攻。
相手G2時からわっふるのリア展開を行う速攻を仕掛けてくる
G3ライド時の両脇が10000バニラのたるとを両展開。こちらのG2では届かない
常時押され気味だったがユグドラシルで相手を4点まで追い詰め、こちらリロード用のヘメラ・シャイニーをキープして渡した相手ターン、このターンを凌げば勝ちというところで、こちら3点ノーガードをダブルクリティカルトリガーをめくられて負け

[反省点]
どっちみちダブルトリガーだと負けだったのでガードしても変わらなかったはずでした
相手のバトルシスターの構築がリアラインを安定させた上でクリティカル12枚の速攻狙いだったので、見事にそれを決められた形です
レギオンデッキはG3ライドからレギオンに移るまでの1ターンは動きが悪くなるため、その間に突き崩す動きを上手い具合にデッキにしていてすごいと思いました。スイスドローなので、レギオン環境の中相手の方は3-1のはずです
対戦内容については、もう1枚トリガーがめくれていなかったり、こちらがヒールをめくっていれば(多分)もう一度ユグドラシルを決めて勝っていたと思うので、これまた悔しいゲームでした



以上、2-2でした。
結構真面目に臨んだので本当は3-1以上、できれば全勝の4-0をとりたかったので残念でした
先週の惨敗をバネに、ここ一週間一人回しで色々考えたりしてそれなりにがんばったのがある一方で、やはり一人回しでは限界があり(相手デッキによる違いなど)、などなど様々な要素を含めて次第点かなと思います
形式がシングル一本勝負なのでどうしてもトリガー運・引き運もありますし、対戦相手はほとんど僕よりも経験者なので地の力では劣っているでしょう。ただ、僕みたいに真剣に勝とうという人ばかりかというとそうでもないような……、ともろもろあって、全部含めて次第点かなと思います

今回の負けた試合はほとんどトリガー差によるものでした
逆に言えばトリガーをもう少し考慮したプレイングができていれば勝てたゲームもあると思います。特に序盤~中盤のガードの仕方などですね
負けた2戦はどちらも「ユグドラシルを後一回決めれば勝てる」というゲームだったので、もう1ターンを獲得するためのプレイングを考えていきたいです
デッキ相手によって、こちらが何点からどれだけのガードがあれば何枚トリガーがめくれても……、といった見通しを(厳密にはできないでしょうが)、次のターン・次の次のターンと言う風に立てられるとより勝ちに近づくのではと思いました

本当はこういうのは対戦を繰り返して感覚で掴んでいきたいのですが、やはり普段対人ができないので……。動画を見たりカードの効果を覚えたりして、がんばりたいと思います

それでは失礼します
スポンサーサイト
別窓 | カード | コメント:0 | トラックバック:0
<<14-07/07-Card-ユグドラシルデッキ解説 | サクラユキマウゲンソウセカイ(偽) | 14-07/01-Card-2-ガード強要とアタック順>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| サクラユキマウゲンソウセカイ(偽) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。