FC2ブログ
桜雪舞幻想世界(偽)
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
14-06/14-Card-ミネルヴァ軸の考察その2
2014-06-14 Sat 07:49
おはようございます
何だかよくわからない空き時間が出来てしまって手持ち無沙汰なので、ヴァンガードのデッキについて、以前からまた少し考えの変わった部分を書いてみたいと思います
デッキはジェネシスですね


・ドロートリガーについて
結論から言うと、今は3枚投入しています。もちろん☆トリガーを3枚抜いてです

理論上では、ドロートリガーの発動からはガード値が変わらず、かつジェネシスでは手札に引くべきキーカードが少なく、また後半のミネルヴァのVスタンドアタックでは☆が引きたい、という理屈から12枚全部☆で良いはずでした
ですが、実戦を繰り返すにつれてドロートリガーの方が欲しくなる場面が多く、試しにドロートリガーを投入したらうまく回った次第です

ドロートリガーが欲しくなった具体的な場面は、5000ガード要求の場面ですね
5000ガード要求の場面でG1やG2を切りまくっていると、返しで盤面が維持できません。結局☆の10000ガードを切る場面が多く、それならドロートリガーがあれば同じ状況でアドが+1になっています
要約すると10000ガード1枚を持つよりも5000ガードを2枚もつ方が有効な場面が多い、ということです

また、いくら☆が強力だからと言って有効な場面自体は少ないです。ガードで捌ききられてしまっても確実にアドになるドロートリガーは、デッキの特性云々以前に最低限必須だと感じました
また序盤に確定で受けるアタック分で引けたときに強く、相手のデッキにはそのチャンスがあるのに、自分のデッキには全くないとなると、その時点で一歩引いています
大抵のデッキには搭載されている以上、こちらも入れておかないと確定で損をするので入れざるを得ないと思いました

実際はかなり有効に働いてくれていて、ドロートリガーで引き当てた一枚分がゲーム中ではかなり大きな働きをすることが多かったです
例えばV裏に5000↑ブーストを置くか置かないかでは、毎ターンの相手に要求するガード枚数が1枚変わります
リアガードのブーストも置けるか置けないかで相手に要求するガード枚数が変わるため、獲得した+1枚がゲーム全体では大きな枚数差に繋がります
また、後述する完全ガードとの相性の良さも見逃せません

デッキに3枚と言えど、ヴァンガードはトリガーの発動チャンスが多分にあるため、1ゲームに平均1、2回は発動してくれます
その一回のドローと5000ガードの獲得が動きをかなり強めているため、やはり必須かなと思いました

ちなみにドロートリガーが3枚なのは単純にネットのレシピからパクりましたが、理由は終盤にトリガーがほとんど掘り起こされてしまった後に、相手に☆トリガーの残り枚数を想定させないためだと思っています。違っていたらすみません
また試してはいませんが、ジェネシスデッキにおけるLB前にアドを獲得できる数少ないシステムということで、4枚投入もありかなとも思っています(それ以上はさすがに☆を削れないと思いますが)


・完全ガードとQWについて
個人的に完全ガードで良いと思いました
守護者を使わないといけない場面では、相手がバカみたいなパワーになっていることが多くQWでは抑えきれないことがままあります
CBコスト、デッキ残り枚数などから安定して使えないQWは使い続けるに連れて段々と評価を低くしていきました

一方で完全ガードは非常に使い勝手が良かったです
特にドロートリガーを入れた後には手札に余裕ができるようになりQWを削って完全ガードを増やして運用しています
手札のG3を処理しつつQWより質の高いガードができるため、後半になればなるほどガードの重要性による必要性とその運用法が噛み合うということで、今ではQWよりも評価が高いです


・G2のヒット時メリット効果持ち
《戦巫女 サホヒメ》と《箒の魔女 キャラウェイ》の二つですね
共通して特筆すべき点は、ジェネシスにおいて貴重なLB以前で効果を発揮できること、そしてそれがヒット時誘発であることです
ジェネシスデッキはLB以前でアドを稼ぐことができず、こちらからのアタックをダメージで受ける動きが苦手です
攻めに転じたい場面でこちらのリア展開からのアタックをノーガードされ、返しに相手が展開してこちらのリアを狙われつつこちらのダメージ3点止めを狙われる、という状況が苦しいのです

その点、上記の2枚は相手にノーガードと言わせにくい性質を持っています
実際のところサホヒメは偶然カモミールが入ってくれる以外では直接アドにはなりませんし、キャラウェイは序盤ではCBが溜まっていなかったり連発できなかったり後半CBが響いてきたりと、それぞれお世辞にも使いやすいとは言い難いですが、バニラよりはマシな動きをしてくれます

特にノーと言わせづらいキャラウェイはまだ持っていないので是非使ってみたいですね
ネットのレシピではほとんど入っていないのでおそらく使いづらいのでしょうが……


・《戦巫女 ククリヒメ》
ククリヒメのソウルイン効果、パワーアップ効果は非常に重要でした
ミネルヴァ用のソウル調整になるのはもちろん、クロスライド後にソウルインすると16000ラインになれます
ククリヒメでないと代用が効かない場面がとても多いため必須カードだと思います
1枚400円でも4枚揃えて良かった(小声)


スポンサーサイト
別窓 | カード | コメント:0 | トラックバック:0
<<14-06/19-Card-バミューダの新しい型 | サクラユキマウゲンソウセカイ(偽) | 14-06/011-Card-ミネルヴァ軸の考察>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| サクラユキマウゲンソウセカイ(偽) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。