桜雪舞幻想世界(偽)
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
2016-01/31-NoGenre-ギャンブルとゲームへの感想
2016-01-31 Sun 21:52
こんばんは、藤原です。
今まで前置きがぐだぐだしているところがあったので、今回は前置きを大幅にカットして記事に入ろうと思います。

今回の内容は、ギャンブルとゲームについて僕の思っているところを書いていこうと思います。
少し具体的に言うと、僕はゲームは好きなのですがなぜギャンブルにはハマらなかったのか、という点を主軸に書いていきます。

それでは続きからどうぞ。

2016-01/31-NoGenre-ギャンブルとゲームへの感想の続きを読む
スポンサーサイト
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0
2016-01/27-Real-直近のゲーム事情
2016-01-27 Wed 19:00
こんばんは、藤原です。
特に前置きで書くこともなくなってきたのですが、一つだけありました。
3日後の1月30日が僕の誕生日です。

そういえば残念なことに誕生日って家族以外から祝われたことがないんですよね。
友達から「おめでとう」くらいは言われたことはあると思いますがあまり記憶に残っていません。
僕自身がそこまで誕生日で感動したりしないことと、同様に僕が他の人の誕生日を祝ってあげるようなこともなかったことから、あまり祝われずに過ごしてきたのだと思います。

また、僕は誕生日が1月の末ということで、12月のクリスマス、1月のお正月、そして誕生日と続けて記念日の来る毎年を20年以上続けてまいりました。
クリスマスプレゼント、お年玉、誕生日プレゼント、と続けてもらっていましたが、もうもらう年ではなく。もう数年前から祖母のお年玉以外は何ももらっていません。
今年はついにどれももらわずに終わりそうな初めての年となりそうなのですが、残念な気持ちはそこまでないですね。
ちなみに、このブログの読者のみなさまにおかれましては、めっちゃ未練がましくここに記事として書いていることから実はめちゃくちゃ残念がっていることを汲んでもらえればと思います。気にしてないなら書かないでしょ(当然)

割と過去のブログ記事や、最近ですとTwitterのツイートでも正反対のことを言うことが多いのですが……。
あまり汲んでもらえてないようだと誤解を招きまくっているはずなので少し恐ろしく思います。


それでは内容を続きからどうぞ。
2016-01/27-Real-直近のゲーム事情の続きを読む
別窓 | リアル日記 | コメント:0 | トラックバック:0
2016-01/22-NoGenre-同人制作について
2016-01-23 Sat 00:51
こんばんは、藤原です。
寒い日が続いていてキーボードをタイプする指が冷たいです。

前回の前置きで触れたタイトル付けの続きです。
タイトルで年月日を付けるのと同時に、カテゴリ分けも載せるようにしました。特に予め決めていたわけではなかったのですが、ブログを書いたことのある人なら分かると思いますが記事一つ一つ書く際にカテゴリというのを指定させられるんですね。

このブログだと「FPS」「リアル日記」「遊戯王」などが当たります。古くゲームをよくやっていたころに作っていたのでその名残が強く残っています。
その弊害と言うべきものもあって、例えば古いFPS記事のタイトルでは「20○○-○/○-Net-」と言うタイトルになっています。
これは当時はインターネット関連と言えば僕はオンラインFPSゲームしかやっていなかったこともあり、もっと言ってしまえば最初の最初はFPS仲間向けに書いた記事とリアル方面の記事の二択しかなかったことに起因しています。
今も分類に「インターネット」というカテゴリはなくて、今回のように「未分類」などに入れてお茶を濁しています。

さて当然カテゴリというのは適宜追加と削除ができるものですから、「インターネット」という分類を新たにこれから作ることもできまして考えたのですが、
どうにも最近のブログに書くような内容が「インターネット」の分類に収まり切らないところでもあります。
というのも今(およそTwitterへ僕がメインの発信を移し、FPSも止めてしまい始めたころから今に至るまで)は小説(同人制作)とゲーム(艦これやPSO2等)の話の二つしかしておりません。
ゲームはそれぞれのカテゴリ分けをしているとして、小説の方はと言うと「Novel」で良いような気はしますが、同人制作や二次創作と言った話になってくると微妙に違うところもあり……。
はたまた「インターネット」と言い切るにはリアルとインターネットの中間に位置するところでもあります。イベント参加とかありますし、実在の「本」という形式を巡っての議論もよくします。

その諸々が頭にある手前「インターネット」というカテゴリを作るに作れないという現状であります。
なんでこんなどうでもいいことに何行も費やしてしまったのか今さら自身に疑問が湧いてきましたが、そろそろいつものことなので慣れてきました。
ちなみに一番言いたかったのは「未分類のことを"NoGenre"って英訳してるけど多分"Non-Categorized"とか"UnCategorized"の方が正しくない?」だったんですけど、それを言い出すとGenreってフランス語ですしもういいよね。


それでは続きからどうぞ。
2016-01/22-NoGenre-同人制作についての続きを読む
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0
2016-01/21-NoGenre-鹿島SS、電子書籍アンケート、グリムガル2話
2016-01-21 Thu 02:45
こんばんは、藤原です。
暇なのかSNS依存の兆候か、ブログの更新頻度が上がって参りました。
自分としては読みづらい記事ばかり書いている気がするので、頻度が高いなら高いで読みやすい記事が書ければと思っています。

そういえばいつからか記事のタイトルに日付とカテゴリを付けるようにしています。
特に現実の僕は整理整頓が好きなわけでもないのですが、なぜか電子データは整理するクセがあります。

例えばこの前の夏コミのときの小説原稿フォルダがこちら。
72e2414631801ca90c1ba93b61632ed5.png
几帳面にフォルダ分けした後、頭に番号を付けて並び替えました。

適当に一つ開くとこんな感じ。
6faad95ee41df93973ab8e9cf8515889.png
原稿をWordファイルで複数分けた以外に、プロット用とメモ用のメモ帳など。全部使っていましたが、ファイルが多すぎな気がします。

整理と言うか番号付けをしてずらりと並べるのが好きだったのかな、と思いました。


それでは続きをどうぞ。

2016-01/21-NoGenre-鹿島SS、電子書籍アンケート、グリムガル2話の続きを読む
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0
2016-01/16-Novel-電子書籍の感想ともろもろ所見
2016-01-16 Sat 02:29
こんばんは、藤原です。
最近iPadを入手しまして、これを機会に電子書籍リーダー「Kindle」を試してみました。
ライトノベル「灰と幻想のグリムガル」を7巻まで読み進めたので、ここまでの使い心地の感想と、
以前まで考えてはいましたが、自分で使ってみるまでは書かないようにしようと思っていた、電子書籍への考えもろもろを書いて行こうと思います。

例によって長文になってしまったので要点だけを先に述べてしまおうと思います。
電子書籍は、
・読みたいと思った本をすぐに手軽に読み始められるのは非常に高評価だった
・電子書籍ならではの手軽さも確かにあるが同時に紙の本での手軽さが失われている
・電子書籍の方が売る側としては利益に繋がりやすく、在庫過多もなく安全である
・同人制作(個人出版)に向いている
ということを個々詳しく意見を書いています。


目次
◇電子書籍を使ってみた感想
 ○パッと出てくる感想
  ・読みづらさはない
  ・では紙の本より便利かと言うと
 ○良かったところ
  ・購入から読み始めが非常に早い
 ○良いところのはずが、そうは思わなかったところ
  ・一つのタブレット(iPad)に何冊も入れておける?
  ・分厚い資料や便覧、辞書をコンパクトに持ち歩くことができる?
 ○悪かったところ
  ・壊れやすいことを考えると持ち運びづらい
  ・そこそこの大きさと重量があり取り回しやすさに難がある

◇電子書籍の抱える問題と改善の展望
 ○資料や便覧、辞書、勉強用参考書には適さない点について
 ○タブレット自体の高価さと普及率について
 ○紙の本に比べて電子書籍に大きなメリットがない
 ○紙の本の普及や人気を考えると書籍の電子化には限度がありそう

◇電子書籍を出版すること
 ○原価コスト・在庫代・郵送代がほぼゼロである
 ○電子書籍のコピーの危険性について
 ○出版社の利益について
 ○小規模出版、とりわけ個人(同人)出版に有利である


それでは続きからどうぞ。

2016-01/16-Novel-電子書籍の感想ともろもろ所見の続きを読む
別窓 | 小説 | コメント:0 | トラックバック:0
2016-01/14-NoGenre-文章を書くことと読むこと その2
2016-01-14 Thu 23:17
前回の続きです、藤原です。
今回で、
・読むこと
・読まれること
の方を書いて行きたいと思います。

前回の記事では「書く」ことについて持論を展開しましたが、一般的な話に広げられず自分のことすなわち「僕が何を考えて書いているか」といった内容になってしまいました。
というのも、僕の書き方というのが「書く」ことを目的としているのに対し、一般的基本的な文章の在り方というのが「読まれる」ことが前提であるからです。

今回の記事では「読む」ことおよび「読まれる」ことを書いてきます。
こちらはやや一般化された話となり、益な情報となってくれると期待しています。


それでは続きからどうぞ。

2016-01/14-NoGenre-文章を書くことと読むこと その2の続きを読む
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0
2016-01/13-NoGenre-文章を書くことと読むこと その1
2016-01-13 Wed 03:53
そういえばここ5年くらいで「藤原」と呼ばれた回数が数えるほどもないことに気づきました、藤原です。
自称「藤原」で他称「tarekiti(たれきち)」、つまり周りからは「tarekiti」と呼ばれながら自分では「藤原」と名乗っている状態であります。特に呼ばれ方にこだわりはないですし、なぜこうなっているのかも謎です。そもそも嫌われ者なので声をかけられることもありませんし。

今回は文章を書くことにおけるあれこれを綴っていこうと思います。
具体的には
・書くこと
・読むこと
・読まれること
について僕の考えを書いてみようと思います。

最近の僕の記事の傾向に倣い、非常に長くなることが予想されますが、よければ読んでみてください。
それでは続きからどうぞ。

2016-01/13-NoGenre-文章を書くことと読むこと その1の続きを読む
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0
2016-01/11-Anime-『灰と幻想のグリムガル 1話』感想
2016-01-11 Mon 02:29
こんばんは、藤原です。
つい先ほどTokyoMXでアニメ『灰と幻想のグリムガル』を視聴してきました。
あまりアニメの感想を書くことは頭になかったのですが、Twitterで書くと長くなりそうなのでブログに書こうと思います。

grimgar_key.jpg

それでは追記からどうぞ。
2016-01/11-Anime-『灰と幻想のグリムガル 1話』感想の続きを読む
別窓 | アニメ | コメント:0 | トラックバック:0
2016-01/06-Review-ブラック・ブレット 神を目指した者たち
2016-01-06 Wed 06:08
久しぶりに連続の更新をしているような気がします、藤原です。

今回は電撃文庫よりライトノベル『ブラック・ブレット』のレビューを書いて行こうと思います。
black-bullet.png

レビューと言っても以前やっていたみたいにガチガチにやらずにほとんど感想くらいの気持ちで書こうと思っています。
※ネタバレを含むと思いますが、作品自体5年前のもの、アニメ化も2年前とのことなので気にせずやっちゃいます。予めご了承ください。

それでは追記からどうぞ。

2016-01/06-Review-ブラック・ブレット 神を目指した者たちの続きを読む
別窓 | レビュー | コメント:0 | トラックバック:0
2016-01/04-Real-新年
2016-01-04 Mon 00:28
三が日が終わろうとしています.藤原です.

新年ということで何か一個記事を書いておこうと思っています.ネタは今頭を捻って考えています.

それでは追記からどうぞ.

2016-01/04-Real-新年の続きを読む
別窓 | リアル日記 | コメント:0 | トラックバック:0
| サクラユキマウゲンソウセカイ(偽) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。