桜雪舞幻想世界(偽)
14-07/16-Card-BR混合ユグドラシルデッキ
2014-07-16 Wed 08:57
古き良きアンジェミネルヴァを搭載したジェネシスを組んで見ました
参考にしたレシピはこちら
→http://hokusetucs2kai.hatenablog.com/entry/2014/07/07/193923

1st
プレイ
G3
ユグドラシル4
ミネルヴァ1
アンジェリカ2
G2
ノルン4
ヘメラ4
フレイヤ4
G1
完全ガード1
QW3
シャイニー4
ピュア1
シードル2
オウル1
ブリーチ2
G0
☆12
治4

ユグドラシルへの素乗り以外にアンジェリカを経由するルートを組み込んだユグドラシルデッキです

前回のユグドラシルデッキがユグドラシルを2回決めることを目標にしていたのに対し、このデッキは3点の相手へ☆トリガーをめくることで轢き殺すことを視野に入れています


前回紹介したデッキとの構築の違いには、
・ニュクスを抜いてアンジェリカミネルヴァへ
・トリガーを全てクリティカルに
という大きく二つの点があります


一つ目の方は、アンジェミネルヴァを入れたいというよりもニュクスを抜きたかったというのが本音です
ニュクス自身含むG3を引きすぎると事故になる、というのがニュクスを搭載したときにどうしても気になった欠点でした

アンジェリカならG3を複数引いたときでもBRという有効な使い道があるため無駄ができにくいです
他には、ニュクスの☆増加効果が強力ながら成立が不安定なことも抜きたくなった理由ですね


二つ目は、最初に書いたように3点の相手へ☆をめくりたいためです
また、相手のダメージは2点よりも3点、3点よりも4点の方が都合が良いため、ユグドラシルを通す場面以外でも序盤〜終盤で広く活躍します

前回のデッキがスタンド・ドロートリガーを多めに入れて"トリガーに頼らない"構築でしたが、このデッキでは積極的に☆がめくれることを期待しています


細かい解説はまたします
スポンサーサイト
別窓 | カード | コメント:0 | トラックバック:0
14-07/07-Card-ユグドラシルデッキ解説
2014-07-07 Mon 03:50
前回の記事の予告通り、ユグドラシルデッキの解説です

それでは追記からどうぞ

14-07/07-Card-ユグドラシルデッキ解説の続きを読む
別窓 | カード | コメント:0 | トラックバック:0
14-07/05-Card-VG大会レポ(ユグドラシル)
2014-07-05 Sat 15:51
どうも、藤原です
先週に引き続き横浜ホビステの大会に出てきました。そのレポートになります
そういえばなんですが、「大会」って言っても規模は16人、形式はシングルなので軽いイベントといった感じです

デッキはユグドラシルデッキを持っていきました
選んだ理由は、持っているデッキの中で一番勝てそうだったデッキだったからですね
ユグドラシルという勝ち筋がどのデッキ相手でも一貫している(と思う)ので、対戦経験が浅い僕でもなんとかなると考えて持っていきました
以前使っていた魔女デッキも使いたかったのですが、魔女デッキは手札枚数をひたすら多くして受けるタイプのデッキであるため相手のデッキに対して知識を持っていないとプレイミスが起こりやすいです。なので今回は使用を控えました

デッキの細かい解説は次の記事にまとめるつもりです
それではレポートを続きからどうぞ

14-07/05-Card-VG大会レポ(ユグドラシル)の続きを読む
別窓 | カード | コメント:0 | トラックバック:0
14-07/01-Card-2-ガード強要とアタック順
2014-07-01 Tue 14:39
睡眠を挟んでの今日二回目の更新になります
今までは構築についての記事が多かったのですが、今回はプレイングについての記事になります

内容は、直前回の大会レポでもちょこっとだけ触れていたりもします
ダメージの考え方と、それからくるガード強要(相手のカード消費強要)をお話しようと思います

それでは続きからどうぞ
14-07/01-Card-2-ガード強要とアタック順の続きを読む
別窓 | カード | コメント:0 | トラックバック:0
14-07/01-Card-6/29VG大会レポとジェネシス魔女
2014-07-01 Tue 04:30
どうも、藤原です
この前惨敗を喫し、ツイッターでうめき声をあげていたヴァンガード大会のレポートを書こうと思います
ジェネシス魔女デッキの紹介を兼ねての記事にしたいので本文でレポートを、追記でレシピと解説を載せますね

日時:6/29(日)12:00~
場所:横浜ホビステ
ルール:クランファイト
形式:シングル
デッキ:ジェネシス魔女(白魔女)


1回戦 vsペイルムーン ×
先攻。
初戦でいきなりLBデッキと当たる
こちらフェンネル連続ライドが決まっていたが、V→Vアタックへノーガードされたときのトリガーが全くめくれず中々相手ガードが削れない
一方相手はほぼ毎ターンヒールトリガーをめくりつつ、仕留めきれなかった4点ダメからのLBを2ターン連続で使われて押し切られて敗け

[反省点]
元々レギオンデッキとLBデッキとの勝負なのでこちらが有利でした
トリガーがめくれなかったのはありますが、それを差し引いてもこちらのプレイングが拙く、相手のプレイングが上手かったと感じました
一番上手いと思ったのは、相手はレギオンのV→Vアタックを基本ノーガードか完ガでしか対応していなかったことですね
これが上手かったのと、逆に僕がそれを許すプレイング(レギオンのアタックをノーガードできるような立ち回り)をしていたのが大きな敗因だとゲーム後に思いました



2回戦 vsアクアフォース ○
先攻。
またしてもLBデッキ相手だったが今度はレギオンパワーで押し切った
序盤の小競り合いで相手が割とばしばしガードを切ってくれたため、アクアフォース特有のリア展開からの連続アタックをされず、相手のプレイングミス的な感じもした
ただ、途中相手のトランスコア→ЯのBRを許し、それをこちら4点ダメからのV→Vアタックをノーガードしなければいけないところまで追い込まれてしまった

[反省点]
フェンネル連続ライドができないとここまで動けないのか! というレベルでデッキが上手く回らず、出せるリアを思考停止で叩きつけ、ただ殴り続けたゲームでした
ただし、こちらが動けないという焦りと、相手がアクアフォースであることからリアを狙う場面が多く、こちらがレギオンで消耗戦になれば有利になれることから、さっさとVを狙ってダメージレースに持ち込んだ方が良かったとは思います(その場合はBR・LBがもう一回攻撃してきたかもなんで微妙ですが……)
初戦の相手と同じく、相手が3~5点のときのガードのプレイングが手馴れていて、この辺はLB環境の経験があるんじゃないかと思いました



3回戦 vsユグドラシル
後攻。
完全なライド事故を起こし、相手のユグドラシルに対してカモミールでがんばった
ただ一人回しのときにユグドラシルデッキの弱点が「細かいガード強要に弱い」というのを知っていたので、両脇のリアを絶やさないようにコールし続け、徐々にガードしきれなくなった相手を5点まで追い詰める
しかしこちら3点からの相手V→Vアタック、ノーガードで☆トリガー二枚めくれて負け

[反省点]
普通にライド事故でした
ライド事故以外のプレイング、特に自分で使ったことがあるデッキで弱点が分かっていたことで多少うまく立ち回れたのは良かったかなと思います
でも負けは負け



4回戦 vs撃退者
後攻。
G3ライド前後までの間で、トリガーチェックとダメージチェックで相手のドロートリガーが4枚めくれる
苦笑いしながらも、健気にフェンネル連続ライドでアドを稼ごうとし、フェンネルが切れた後でミントで詰めに行こうとするも、相手の手札は10枚オーバー
相手のレギオンVスタンドを2回決められて負け

[反省点]
敗因はまぁトリガーかなぁと思いますが、逆に言えばトリガーが負けに直結する立ち回りになっていたことも事実だと思います
不用意な連続アタックでダメージを与えることは、トリガーの誘発に繋がります
特に魔女デッキはダメージレースで優位に立つデッキではなく、カードアドバンテージと連続ライドレギオンからのトリガーで勝つ=長引くほど有利なデッキなので、相手が速攻を挑まない限りどっしりと構えるべきだったと思います



以上、1-3で惨敗でした
店員さんに「めくりが弱ければ上手い人でも負ける」と励まされましたが、やっぱり細かいところでプレイングの粗さが目立ち、対戦相手の大会常連たちが上手だったように思います
大会後に「あの場面はどうすれば~」と振り返ってもわからないことが多く、結構絶望してましたがそこら辺も含めてまたがんばっていきたいと思います



それでは追記から魔女デッキの解説に移ります


14-07/01-Card-6/29VG大会レポとジェネシス魔女の続きを読む
別窓 | カード | コメント:0 | トラックバック:0
| サクラユキマウゲンソウセカイ(偽) |