桜雪舞幻想世界(偽)
2015-03/02-Poke-構築、選出、プレイングの基本
2015-03-02 Mon 17:26
おはようございます、藤原です
前回の記事で予告した通り構築/選出/プレイングについて書いてみようと思います

"基本"と銘打ちましたが、あくまで僕の中での基本です。もっと大事な部分があったり、よりよい考え方があったり、はたまた間違っているかもしれません。その場合はすみません

それでは続きからどうぞ
2015-03/02-Poke-構築、選出、プレイングの基本の続きを読む
スポンサーサイト
別窓 | ポケモン | コメント:0 | トラックバック:0
2015-03/01-Poke-勝つために考えたこと
2015-03-01 Sun 09:15
お久しぶりです、藤原です
ポケモン対戦シミュレータShowDownを始めて1カ月以上が経ちます(はずです)
そろそろポケモン初心者と言わなくなってきているあたり、ShowDown内でですがランキングも上の方に入れて満足しています
元々ランキング等の成績を狙って始めたわけではないのですが、勝つことを大前提にプレイしていた手前、結果として出てくれたので良かったのではと思っています
このShowDownを始めるに際して、勝つために何点か心がけたことがありました。それらが功を為してくれたと思うのでまとめがてら紹介してみたいなと思います

一応最初に注意点として、僕自身はそこまでポケモンが強いわけではないと思っています
はっきり言ってShowDownにいるプレイヤー層は全体的に弱いので、ランキング上位になってもあまり意味はないのかなと感じました
僕はよくポケモンの対戦動画を見ていて、その感覚では実機レートだと1800ぐらいかなと思います。逆に1800ぐらいまでだったら僕と同じようにやってもらえれば行けるんじゃないかなとも思っています


1.考えるよりも実戦を重ねること
PT内の相性補完やらダメージ計算やら誰と誰の対面時の選択やらを考える前にとりあえず対戦を重ねることを考えました
構築段階でちびちび考えているよりも大きな欠陥が見つかることもありますし、逆に"対策の対策"などを入れてPTがめちゃくちゃになるよりも「この場面ではコイツがあればいいな」みたいな前向きな案が対戦の中で浮かんでくることもあります
使用率の高いトップメタや対策必須と言われる有名な要注意ポケモンあたりへの解答は用意した方が良いと思いますが、ある程度の対策を施したらとりあえず対戦しながら構築の完成度を高めていく方が良いです

レートが上がってきて保つ必要が出てくるとこうも負けていられないのですが、特に始めたばかりの序盤の序盤は僕は負けて覚えるつもりで何度も潜っていました


2.苦手なポケモンや構築はまず自分で使ってみること
害悪系であったり単純に強力な動きができて対策必須なポケモンやギミックがいくつか存在しますが、それらの対策を知りたければ自分で使ってみるのが一番です
対戦相手がどのように対策してくるかを見ることができますし、そもそも根本的にどのような動きをするのか、前提となる条件はなんなのか、構築に偏りができてしまわないか、と言った潜在的な部分まで一気に知ることができてとても効率的です
また、使う場合には中途半端にではなくしっかり構築を完成させて使うべきです。そこまでしてやっと明確な弱点や対策が見えてきます
僕の場合はシングルではギルガルド、ダブルではニャオニクスがこれにあたりました


3.自分が嫌いなポケモンや構築も敬遠しないで使ってみること
2番目と少し似ていますが、これも大事なことです
ポケモンの好き嫌いや戦法の得意不得手を無くす必要はありませんが、とりあえず自分で使ってみましょう
やはり相手にしたときに、一度自分で使ってみたことがあるか否かだけで戦いやすさが大分違います。「嫌いだからあえて使っていない」系のポケモンや構築は穴になりがちですから、我慢して使います
ちなみに極論を言ってしまえば「既に存在するPT、ポケモンの型は全て自分で使ったことがある」ことが理想で、それは無理ですから、少なくとも有名な構築は自分で試してみることを目指します


4.初見殺しを受けたら喜ぶこと
これは1番目と通じる要素です
初見殺しやそれに準ずる初見の敵は甘んじて受け入れましょう。よくわからないまま負けてしまっても、このまま知らないままでいるよりマシだったと切り替えて勉強させてもらったと思うべきです
僕はかなり負けず嫌いなのでこういうのに会うととても腹が立つのですが、こればっかりは知らなければどうしようもないですし、知るためには初見殺されないといけないので諦めました

どういう動きをしてくるのか、実際にそれは強いのか、性能(流し性能・突破性能・後出し性能など)はどうか、対策が必要なのか、といったところを対戦中に良く観察しておきます
対戦後に検討をして対策が思いつかなかった場合は2番に立ち返って自分で使ってみて……、というようなパターンになります

負けず嫌いだとこういう初見殺しだったりマイナーなメタ外のポケモンにしてやられるのが嫌で実戦を避けがちになると思います。そのため、構築の構想だったりダメ系だったりの机上論に逃げがちになってしまう人もいるんだと想像します
実際には初見殺されながらも実戦経験を積んだ方が強くなれるので、「負けに行く姿勢」で持って負けて覚えるつもりで嫌がらずに潜りましょう



他にもあった気がしましたが忘れたので上の4つで終わりにします
今挙げたことはテーブルゲーム・カードゲーム系のゲーム全般に言えることだと思います。実戦を繰り返し、新しい戦法を使われるor発見したらまず自分で使ってみる、というルーチンで上達していくのがゲームの上手い人で、逆に自分のお気に入りの戦法だけに囚われている人は上達が止まりがちなイメージがあります


より具体的な内容で、構築、選出、プレイングも自分の中でまとめたので次の記事で書けたら書こうと思います



別窓 | ポケモン | コメント:0 | トラックバック:0
2015-02/22-Poke-【ダブル】改良版マンダクチート
2015-02-22 Sun 04:36
こんばんは、藤原です
showdownのダブルのレートも1500台を達成し同時に123位まで登り詰めましたが、その後は下降の一路を辿り、今は1400台で落ち着いています

前回紹介したマンダクチートを改良したので一応載せておこうかなと思います

2015-02/22-Poke-【ダブル】改良版マンダクチートの続きを読む
別窓 | ポケモン | コメント:0 | トラックバック:0
2015-02/18-Poke-【ダブル】マンダクチート
2015-02-18 Wed 18:34
こんばんは、藤原です
メガボーマンダを使ったPTについて考えたため記事にしようと思います

今回は最もポピュラーと思われる物理アタッカー型のメガボーマンダを採用しました
したがってPTも割と平凡かもしれませんがご了承ください

それでは追記からどうぞ
2015-02/18-Poke-【ダブル】マンダクチートの続きを読む
別窓 | ポケモン | コメント:0 | トラックバック:0
2015-02/13-Poke-【ダブル】PT3つ紹介
2015-02-13 Fri 20:08
こんにちは、藤原です
今回はポケモンのダブルバトルの記事です

シングルの方が一段落したため、数日前からダブルバトルに手を付けてます
ゲームとしては面白いのですが、ただでさえ技の選択肢が多い上に守るによって複数の択が発生しやすく、まだあまり納得のいく勝ち負けを実感できていません
PT構成や読み、プレイングが求められる点がバトルとしての質を高めていますが、じゃんけんの要素も強くなっているというのが感想です

例によってPTをいくつか作ったので追記で紹介していきます


2015-02/13-Poke-【ダブル】PT3つ紹介の続きを読む
別窓 | ポケモン | コメント:0 | トラックバック:0
| サクラユキマウゲンソウセカイ(偽) | NEXT